2日間で40店舗を廻る大ツアー。
とはいえ、広いジャンルをカバーしようとすれば、それでも廻り足りなくなるので、
明治時代以降の美術と写真に関する和洋書籍の取扱いが多い,、個性的な書店を対象としました。
建築、デザイン、音楽、演劇等(パフォーミング・アート)、絵本を中心とする店はあえて捨象しました。
来年も、「人気爆発!全員満足!」を目指してがんばります!
(1)土曜日コース<ザ・古書ツアー:26店舗>
■東京ゾーン:八重洲ブックセンター[10時集合]、八重洲古書館、(R.S.Books)、フォーラムブックショップ→[昼食]→■神保町ゾーン:ブックブラザー源喜堂書店、タトル商会東京ランダムウォーク神田店、悠久堂書店、一心堂書店、奥野書店、松村書店、魚山堂書店神保町店、蒐堂、山田書店、とかち書房、美術倶楽部ひぐらし、吾八書房、虔十書林→[休憩]→ビレッジ・ヴァンガード、長島書店→■早稲田ゾーン:一心堂書店、五十嵐書店、古本茶屋岩狸→■池袋ゾーン:ジュンク堂池袋本店→■新宿御苑ゾーン:蒼穹舎→■青山ゾーン:古書日月堂→■渋谷ゾーン:渋谷古書センター[20時30分解散]

(2)日曜日コース<素敵な本屋めぐり:12店舗[うち重複1店舗]>
■青山ゾーン:スパイラル[11時集合]、On Sundays、Shelf、嶋田書店、Gallery360、(NADiff)→■[新宿御苑ゾーン:蒼穹舎]→■荻窪ゾーン:ささま書店、興居島屋、ハートランド、古書音羽館→■(高井戸ゾーン):(中川書房)→■(経堂ゾーン):(遠藤書店支店)→■中目黒ゾーン:COW BOOKS、GAS SHOP、ART BIRD BOOKS [20時解散]
注 ( )内は時間切れで訪問できず。[ ]内は2度廻り。
 2日間とも参加したのは学芸員2名。他の参加者は1日のみの参加で、土曜のみ参加した人が5名(主に神保町に興味を持っていた人たち)、日曜のみ参加を希望した人が2名(学校への通学日や美術館勤務日の都合で日曜日に開いている芸術書店に興味を持っていた人たち)でした。

 土曜日コースでは、書店が神保町に集中しており、移動距離が比較的少なかったことから、多くの書店を訪問することができました。日曜日コースでは、訪問した書店の数は少なかったけれども、この数年間で形成された新たな「聖地」、西荻窪ゾーンと中目黒ゾーンまで足を伸ばすことができました。

 なお、2日間参加も可能かつ途中離脱も自由としたので、各参加者の訪問書店数には相当なバラツキがありました。
参加者:大塚真弓(とちぎ蔵の街美術館)/尾野田純衣(深瀬記念視覚芸術保存基金)/栗原奈緒子(日本女子大学3年生)/澤登丈夫(コレクター、アーチスト澤登恭子の父)/島田有美子(うらわ美術館)/高橋朋子(パフォーマンス・アーチスト)/玉重佐知子(ライター)/塚瀬まい(都立上野高校2年生、すいどうばた美術学院在学)/橋本誠(横浜国立大学3年生)/深瀬鋭一郎(インディペンデント・キュレーター)
新刊写真集専門「Shelf」(神宮外苑前)の入り口前。
「Shelf」の店内。 「ワタリウム美術館」(書店名は洋書美術書「オン・サンデーズ」)の入り口前。
  「Gallery360°」(表参道)の店内ブック・コーナー。 芸術古書・新刊写真集・出版「蒼穹堂」(新宿御苑前)の店内。
土曜日の参加者がフォーラム・ブックショップ観覧の後、国際フォーラム地下のROYALで昼食をとっているところです。
←左から深瀬、橋本、尾野田さん。 ←左から深瀬、橋本、玉重さん。
左から島田、澤登、高橋、栗原さん。
 同一企画2年目とあって、前回(2002年)の経験を踏まえて、質が高い書店を効率的に廻ることが出来ました。このため、一日10時間の強行軍にもかかわらず、参加者に疲労を訴える声はなく、休憩に利用したCafeも含め、「楽しいツアーで役に立つ情報を得ることができた。」とのご評価をいただくことができました。ただし、2日間とも参加した参加者にはさすがに疲れがみられたため、来年は1年目と同様に、土曜日1日のみの催行に戻そうと思います。

 参加者は古書を中心に、最少4冊から最多13冊を購入していました。一番人気の書店は、南青山の日月堂(深瀬鋭一郎の事務所より徒歩3分、専門分野は1920−30年代美術)、次いで渋谷古書センター(マークシティそば、美術書の店頭品揃えが古書店最多)、蒼穹堂(新宿御苑大木戸門前、日本の写真集専門、ストレートフォトのギャラリーと写真集出版も兼ねる)、笹間書店(荻窪駅南口、幅広い品揃えと掘り出し物を含む特価本)、蒐堂(神保町、戦中戦前の紙物)など。学生さんは上手に割安な本をハントしていたことが印象的でした。

 今回は事前準備の時間切れで、西荻窪・荻窪・高円寺ゾーンの書店(20数件存在)探査が間に合わず、古書比良木屋など有力店の一部を廻り損ねたため、こうした書店もカバーすることを2004年の課題としたいと思います。
みなさまの感想
■ほんとうにお疲れ様でした。2日間、カルガモたち(そんなにかわいくない?)の引率に古書店リスト、戦利品まで教えていただいてもう感激してしまいました。ほんとうに行き届いたプログラムを企画していただき感謝です。改めて御礼申し上げます。

■「大江戸芸術書店めぐり」参加させて頂きありがとうございました。新たな発見と言いますか、目から鱗の素敵な書店にめぐり合えて楽しいひとときを過ごせました。これを機会にもっと貪欲に美術を研究して自分の作品制作にも生かしたいです。また美術についてですとか色々ご相談をすることがあるかもしれませんが、その時は宜しくお願い致します。

■おせわになりました!とても貴重な時間をすごさせてもらいました。当たり前の事ですがまだ知っている事のがはるかに少なく思いました。深瀬さんはじめ御一緒なされた方々は美術に関係されているかたがたでそれだけでもすごく貴重でしたし、様々な一人では入れないような所に入る事が出来てやはり貴重でした。青山は歩いて散策できそうでしたし、荻窪は初めてでした。中目黒も面倒くさがらずにどこか一つではなく教えていただいたところも回らなくては!と思いました。銀座も時間がある限り回らなくては、と思いました。すべてのお話が私には未知で見習う事でした。これからひまなうちにたくさんの展覧会を見ようと思います!本当に皆様優しくして下さってとても嬉しかったです!また参加できる機会ありましたらどうぞ宜しくお願いします。私も皆様に良い結果をお知らせできる様受験を切り抜けたいと思います!長くなりましたがそろそろ失礼致します。皆様にとても感謝していますと伝えて頂けたらと思います。ありがとうございました。

■先日は大変お世話になりました。おかげさまで、終電にも間に合い、無事帰宅できました。実は、ああいった本格的な古書店に行ったのは初めてだったので、とても興味深かったです。新本の新しい紙の匂いも良いけれど、古本のほこりっぽい匂いもなかなか味があって良いなあと思いました。たくさんの素敵なお店を紹介していただいて、いろいろな人と交流もでき、何冊かおみやげも得ることができたので、とても充実した一日になりました。本当にありがとうございました。何件か気になったお店があったので、また一人でじっくり散策してみたいと思います(道を覚えているか心配ですが・・・。)。 2日間お疲れさまでした。また何か機会があれば、是非参加したいと思います。

■色々有り難うございました。私の成果ですが。
『宇佐美圭司のカタログ』『愛謳の版画』『赤瀬川の正体不明』『ハナヨメ女生徒』
以上です。有り難うございました。今後活用します。

■本日はたいへんお世話になりました、本屋さんだけでなく、今後ともお世話になりそうな喫茶店など紹介していただき、本当に参加してよかったです。車での移動、適宜休憩をはさみながらの巡行は快適で楽しいものでした。ひとまず、お礼というのもおかしいですが、購入した本を報告させていただきます!
新刊書『 動物化するポストモダン 』/ 東裕紀 / \660、『 blue』 / 魚喃キリコ / \950、 『「nobody 6」 "狂い咲きオモテサンドー" / \900古本、『アンディ・ウォーホルフィルム』 / マイケル・オプレイ編 / \600、『「デザインの現場」 95'-10 "映像時代"』 / \500、『 聖なる肉体』 / 伊藤俊治 / \1500、『ちょっと触っていいですか』/ 赤瀬川原平 / \600、『「世界のホログラフィ展」 図録』 / 朝日新聞社/ \1000、 『「美術手帖」 98'-09 "映像の現在" 』/ \500

■「大江戸芸術書店めぐり」お疲れ様でした。お蔭様で、かなり充実した書店めぐりをさせて頂きました。1日で色々な書店をめぐることが出来て、嬉しかったし楽しかったです。ありがとうございました。私は、赤瀬川源平の本と谷川晃一の本を買いました。何か素敵な写真集があったらと思ったのですが、どうも目移りしてしまい買えませんでした。こんなの欲しいな、と考えていたのはメキシコの祭壇を写したもの。メキシコには、色々なところに祭壇があると聞いたことがあって。あとは、藤原新也の『メメントモリ』。深瀬さんにもっと色々いい本を教えてもらえば良かったなぁと思いました。写真よく撮れてましたね。送っていただきありがとうございます。

■大江戸芸術書店めぐりでは、大変お世話になりました!また、早々にレポートや写真を送っていただき、ありがとうございました!連れていっていただいただけでも嬉しかったのに、メールでさらに楽しめました。しかもこの私めが、踏破書店数2位の栄誉に浴すなど、また新たに満足感の波が打ち寄せてきているところです。重ね重ね御礼申し上げます。さて私の戦利品(?)の数ですが、13冊でした。今、お風呂の伴になっております。深瀬さんの方はいかがですか?かわいがってあげましょう!それではまた素敵な企画をよろしくお願いします。季節の変わり目ですので、お身体に気をつけて。皆様によろしく。
Special thanks to
 島田有美子さんには、日曜日の自動車提供、ガソリン代ご負担などで大変お世話になりました。参加者全員になり代わりまして、御礼申し上げます。また、美術手帳編集長の楠見清さんにも、ウェッブ・サイト"Art Loco"や美術手帳への記事掲載、中目黒情報の提供で、大変お世話になりました。「Thank you @rtの日」全体に対してご協賛賜りました(株)資生堂にも御礼申し上げます。
                                              インディペンデント・キュレーター 深瀬鋭一郎