事業内容 展覧会企画 主な展覧会
企画・協力
その他の
主な活動
収蔵・支援 主な
貸出実績
主な
収蔵作家
 深瀬記念視覚芸術保存基金は、深瀬鋭次郎(株式会社三和エレック元会長)ほか家族構成員の承認のもと、深瀬鋭一郎が主宰し、その家族を構成員とする任意団体として1998年5月1日に設置されました。

 文化の基礎研究・開発部門として重要でありながら、社会の関心が薄く、支援が手薄な日本の現代美術について、実験的な創造活動をサポートするとともに、その優れた作品を収蔵・保存し、公開することを目的に設置された団体です。 ただし、任意団体であるため法人格がなく、また助成団体ではないため、助成金の交付は行いません。

 展覧会企画、収蔵、貸出および経費支出は、主宰者個人により行われ、趣旨に賛同した家族構成員がその保管、貸出に協力しています。また、常時数名のボランティアが、展覧会企画を中心に基金活動を支援しています。



All Rights Reserved.Copyright (C) 2002,Fukase Memorial Visual Art Preservation Plan